アジ

1月30日の福岡は西の風7mの予報。

前日の寒波で、海水温もぐっと下がっている。

それでも「釣りに行こう!」

選んだのは波津漁港。
風裏を選んだのはどうやら私だけでない様子。

確実に釣果をあげたいので、メジャークラフトのジグパラヘッドにボイルエビを刺すシンプルな仕掛け。

ジグヘッドとエサは最強のボウズ逃れだと思っている。

ジグヘッド&ボイルエビ

手返し、狙えるポイント、食いつきすべてが完璧な仕掛けだ。

夕マヅメ前に場所を確保し釣行開始。

右から左の爆風で1gのジグヘッドが沈まない。
こんなときのための2.5gだ。

釣り方はこれのみ。
①キャスト
②糸ふけ回収
③ラインを少し張った状態をキープ
④風で戻されるためラインメンディングのみ

しかしアタリがない。

ゴロタのすき間に入れ込めるのもジグヘッドの強みだが、カサゴも今日はお休みのよう。

隣の人が浮きサビキでアジを狙い始めたので「サビキに持っていかれるな」と思っていると、自分の竿にコツンッと手ごたえがあった。

まさかと思い一呼吸置いて合わせを入れると、喰っとるやん!

時間は5時半で、干潮からの動きだし。
すでに太陽は山に隠れていたので「メバルが出てきたかな」と思うと、ドラグがジーーッと鳴る。

間違いなくアジだ。
ゴンッゴンッと首を振る。

この数時間堤防で魚がかかったのは自分だけ。
さすがジグヘッド&エサのセット。
釣り人ならこの優越感を知っているはず。

アジ

あがったアジは24cmでそこそこといったサイズだろう。

しかしこれ以降はさらに風が強くなり、寒くなったので納竿。

釣果は寂しいが、0か1かは大きな違いだ。

場所:波津漁港
釣行時間:1月30日午後3時~午後6時半
潮:中潮
仕掛け:メジャークラフトジグパラヘッド1gと2.5g

おすすめの記事